MENU

更年期障害の症状を抑えたい方!エクオールサプリで上手く乗り切ろう

善玉菌を増やして腸内フローラを改善すればエクオールを生成して体の内側からきれいになれるので、更年期には!乳酸菌や大豆イソフラボンなどが入ったサプリメントを活用するのも有効です。

 

バランスのよい食事が大切

 

腸内フローラは私たちの腸の中に存在する数多くの腸内細菌をまとめた呼び方で、バランスを保つことで体全体の健康を維持してくれる大切な役割を果たします。腸内細菌には働きに合わせて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つの種類があり、善玉菌は体調を整えるために有益な働きをするのに対して悪玉菌は有害な物質を出したり病気の原因になるような厄介な細菌です。日和見菌はどちらにも属さず様子をうかがっていますが、不規則な生活をしていたり食生活の乱れなどが続いて悪玉菌の数が増えてくると体に害を与える行動を始めるので、普段から腸内フローラに気を付けてなるべく悪玉菌を増やさないような生活をすることは健康のためにとても大切です。善玉菌は腸内環境を整えてくれるので、便秘を解消して老廃物や毒素を排出してデトックスをしたり、体の隅々まで細胞を活性化させる役割があるのでお肌の細胞も蘇って若返りの効果が期待できます。腸内フローラを改善するための善玉菌は食事によって補えるので、ヨーグルトや納豆、漬けものなどの発酵食品、醤油、味噌、チーズ、お酢などを積極的に食べるようにしましょう。更年期にはエクオールです。

 

乳酸菌のサプリメントを使うのも手軽なので、バランスのよい食事ができない日や外食が続いたときなどに活用できます。善玉菌はオリゴ糖や食物繊維を好んでエサにするので、乳酸菌を摂取すると同時にイモ類や海藻、穀物、切干大根など良質な食物繊維がたっぷり入った食品を食べるのも効果があります。一番大切なのは偏った食事をしないで毎日バランスよく多数の食品を食べることなので、規則正しく野菜や果物が多い健康的な食事を続けていれば自然に腸内環境が整います。特に和食は健康的で、洋食に比べて脂分が少なくてヘルシーなだけでなく発酵食品がたくさん使われているので理想的です。味噌や漬けものには日本人の体質によく合う酵素がたっぷり含まれていて、体内のいろいろな機能を高めて若々しい体を保つことにつながるのでなるべく毎日和食を食べて野菜中心の健康な食生活を心がけましょう。

 

大豆の力でアンチエイジング

 

和食にほぼ必ず使われる食材の一つである大豆は、優れた健康効果を持っていて美容にも効くのでコスメ業界でも注目されています。大豆イソフラボンは細胞の活性化や血液をきれいにするなどさまざまな効能を持っていて、特に効果が高いものはエクオールと呼ばれる特殊なイソフラボンです。腸内細菌によって生成されるので、普段から腸内フローラに着目して善玉菌を増やしておけば効率よく大豆イソフラボンを変換して強力な成分を作り出すことができます。エクオールは女性ホルモンと似た働きをするので、ホルモンバランスが崩れることによって起こる女性特有のさまざまな症状(更年期)を改善してくれます。エクオールサプリが人気なのです。

 

 

生理前のイライラや不安感を抑えて精神を落ちつけたり、生理不順を治したり、冷え性や手足のむくみを予防したり、生理前によくある肌荒れや便秘の悩みも解消できます。更年期障害の対策としても有効で、女性ホルモンが減ってしまうことで起こる体の不調を和らげて過ごしやすくしたり、いつまでもハリや弾力のある若々しい肌を保つことにもつながるのでアンチエイジングにも有効です。大豆イソフラボンを摂取するためによい食材は、豆腐や納豆、豆乳、味噌、枝豆など日本人になじみが深いものばかりなので無理なく毎日食べられます。もっと手軽に摂取したいならサプリメントを使うこともできるので、組み合わせて上手に栄養補給をしましょう。豆腐などの大豆製品はカロリーが低いのもメリットで、ダイエット中でも問題なく食べることができます。豆乳を使った置き換えダイエットや豆腐スイーツなども有効で、無理をしないでしっかり体重を減らせます。腸内フローラを改善すれば健康と美容のためのあらゆる効果が期待できて、免疫力を高めたり体力アップをしたり、アレルギーを治したり、太りにくくて痩せやすい体質になったりするほか血行やリンパの流れがよくなって肌がきれいになったり髪や爪を美しくすることもできます。若返りのためにも大きな効果があるので、腸内環境を整える食品やサプリメントを活用してみましょう。更年期障害を上手く付き合うためにもエクオールサプリを摂取してはどうでしょうか

このページの先頭へ